ラクダのミルクの栄養価

ラクダのミルクは人の母乳に非常に近く、牛乳よりも優れているため、遊牧民の間では薬用として使用されています。低脂肪で、良質なタンパク質や体を作る栄養素として欠かすことができないミネラル(カルシウム、鉄、マグネシウム、銅、亜鉛、カリウム)及びビタミンA、B2、E、Cを多く含有しています。また、牛乳に存在する人間のアレルギーを引き起こす主な原因成分(βラクトグロブリン、βカゼイン)を含みません。さらにラクダのミルクの特徴として、様々なタンパク質や抗菌性、抗ウイルス性、免疫学的特性を発揮する酵素が含まれています。それらは、免疫グロブリン、リゾチーム、ラクトフェリン、ラクトペルオキシターゼ、N-アセチルグルコサミニダーゼ(NAG)、ペプチドグリカン認識タンパク質(PGRP)などです。これらは食物アレルギーの予防と免疫システムの回復には欠かせません。
©  RENELOPHARMA INC. All Rights Reserved.
PAGE TOP